i-onis_coat_sk.jpg

  • 太陽光発電設備で使用されている締結ボルトの耐食性能アップ
  • 異種素材に対する電蝕性能アップ
  • 5ピースから2ピースに商品点数を減らして施工性をアップ

太陽光発電設備で使用されている主要締結ボルトの比較

ステンレス材 vs 塗料系処理ボルト

01.png

石徳螺子が提案する新しい表面処理

i-ONiS coat/SKの仕組み

i-ONiS coat/SK vs 塗料系処理 比較試験データ

複合サイクル試験(JASO 610)

※JASO 610...塩水噴霧2時間→乾燥4時間→湿潤2時間=1サイクル

AサンプルBサンプル
201サイクル(1608時間経過後) ZAM鋼板全面に激しい赤錆発生。イオニスコート/SK・ニコア・SUS生地の外周部に貰い錆の赤錆が付着。取れない状態。
201サイクル(1608時間経過後)ZAM鋼板全面に激しい赤錆発生。イオニスコート/SK処理内部から赤錆は発生していない。外周部に貰い錆の赤錆が付着。ニコア、三価処理は内部から激しい赤錆が発生。

参考までに、200サイクルで、都市部で約287ヵ月=約23年、沿岸部で約50ヵ月=約4年相当の耐食性能があるということになります。

AサンプルBサンプル
237サイクル(1896時間経過後) 参考写真のみ
237サイクル(1896時間経過後)参考写真のみ

参考までに、237サイクルで、都市部で約344ヵ月=約28年、沿岸部で約60ヵ月=約5年相当の耐食性能があるということになります。

i-ONiS coat/SK 高耐食性能の仕組み

i-ONiS coat/SKのトップコート

自己修復性(クロスカット試験)

SST1000時間以上でも傷部から赤錆発生せず傷に強い。主成分のシリカは水溶性が高い為、傷に溶け出し、傷部分を覆って耐食性を上げる。

耐食性能、電蝕性能を含めた、i-ONiS coat/SKと主要処理との比較

ステンレス材、塗料系処理、i-ONiS coat/SKの比較

08.png

i-ONiS coat/SKの優位性

締結部品以外、架台等の鋼材、鋼板にもi-ONiS coat/SK処理を

商標登録について