muscle_nut.png

サイズ別に計測した初回戻しトルクの一覧表です。
日本工業規格(JIS)規定の基準値の5~6倍以上の数値を出しています。

ご確認いただきたいポイント

マッスルナットは、指先でボルトに取り付け、ボルトの途中で締めるのを止めた状態でもJIS基準値よりもはるかに高い初回戻しトルクの値をはじき出します。

初回戻しトルク値データ(当社調べ)

 JIS B1056
基準戻しトルク
マッスルナット比較値
締付けトルク戻しトルク
M8 0.85 6.18 4.73 5.6倍
M10 1.5 10.86 10.18 6.8倍
M12 2.3 15.68 13.13 5.7倍
M16 4.5 32.06 27.53 6.1倍
M20 7.5 54.53 42.67 5.7倍
M24 11.5 80.00 58.60 5.1倍

マッスルナットは締め付けトルク0でも、JISの戻しトルク基準値の3.1倍~4.9倍の安全性を誇ります!

JIS B1056
基準戻しトルク
マッスルナット比較値
締付けトルク 戻しトルク
M8 0.85 0 3.10 3.6倍
M10 1.5 0 7.30 4.9倍
M12 2.3 0 10.55 4.6倍
M16 4.5 0 20.20 4.5倍
M20 7.5 0 23.10 3.1倍
M24 11.5 0 37.40 3.2倍

※一度取り外すとばねが伸びるため製品の再利用はできません。

マッスルナットを利用するお客様の作業向上のため、高速締め(インパクトレンチ、またはナットランナーなど)に対応出来るように、マッスルナットのピッチと内蔵スプリングコイルのピッチを同一線上に揃えて製作できるように技術を確立致しました。その結果、マッスルナットの高さが旧製品より1ピッチ低くなっています。

※特注サイズのご発注や、別素材の樹脂、ステンレス、チタンなどの特注製造も随時承っております。

●お電話のお問い合わせ:03-3604-8701(代表9:00~18:00)
●メールでお問い合わせ:メールはこちらから 
●フォームでお問い合わせ:見積もり・資料請求