muscle_nut.png

振動試験データ

data_ph01.jpg石徳螺子では2008年11月、最新版の皿ばね付きマッスルナットの緩み止めの強度を計測するため、振動試験を行いました。
試験結果を公正に判断するため、3回の試験を実施致しております。

振動試験

皿ばね付きマッスルナットのM12サイズを使用したテストです。
高速振動試験機にて17分間の振動試験を実施しました。

合計3回の試験結果はすべて良好。振動試験後、初回戻しトルク23.9N.m.を記録する驚異の結果です。
振動試験データの数値はページ下部にございます。

上記の振動試験データの数値

試験品名試料No.締付トルクN・m結果戻しトルクN・m
皿ばね付きマッスルナットM12 1 42 17分間緩まなかった 23.9
2 42 17分間緩まなかった 20.7
3 42 17分間緩まなかった 20.9

試験方法:皿ばね付きマッスルナットを試験機に取り付け、次の条件で試験を実施した。
17分間緩まなかった時は戻しトルクを測定する。

試験機:高速ねじ緩み試験機
振動条件:
振動数・1780rpm 加振台ストローク・11mm、インパクトストローク・19mm 振動方向・ボルト軸直角方向

※特注サイズのご発注や、別素材の樹脂、ステンレス、チタンなどの特注製造も随時承っております。

●お電話のお問い合わせ:03-3604-8701(代表9:00~18:00)
●メールでお問い合わせ:メールはこちらから 
●フォームでお問い合わせ:見積もり・資料請求